必要経費?車検の無駄を見直して、おトクに愛車をメンテナンスしよう!

自動車の維持費用について

自動車を持っている人にとって、維持費用として複数の物があります。自動車の購入時にかかる自動車取得税などの税金や自動車保険を始めとして、運転に関係するガソリンやオイル、洗車関連の費用、2年に1回行う車検が挙げられます。
自動車関連の税金と自動車保険の自賠責保険に関しては、購入時にかかる固定費となっているため節約は不可能です。それ以外の自動車保険の任意保険やガソリン、オイル代、車検に関してはある程度の節約ができます。ガソリンやオイルなら、支払い方法を見直す、リットルあたりの金額が安い所で給油するなど、任意保険ならダイレクト方式に変更することで、日々の料金を節約できる利点があります。車検に関しても、依頼する場所を変更するだけで料金が異なる場合があります。

車検を依頼する場所とそれぞれの特徴

車検にかかる費用には、重量税や自賠責保険費用、印紙代と呼ばれる法定費用と、保安基準確認検査料と24ヶ月点検料、事務手数料があります。法定費用は固定費とするため節約の対象外ですが、それ以外に関しては、依頼する場所により料金が異なります。
依頼する場所は大きく分けて、3つに分かれます。1つは自動車メーカーと呼ばれるディーラー及び個人の自動車販売店で、法定費用の他に20,000円程度の整備、修理費用と手数料も料金に上乗せされます。2つ目は車検専門店と呼ばれる場所で、法定費用と10,000円程度の車検代行費用の他、整備費用がかかる所もあります。3つ目はユーザー車検と呼ばれ、車検場に行って書類作成等も含め自分で全ての検査を受けることから、諸費用が安く済みます。故障の度合いと手数料に左右されるため、修理箇所が少なければ車検専門店やユーザー車検の方が費用を節約できます。

© Copyright Vehicle Inspection Services. All Rights Reserved.