ユーザー車検でマイペースにメンテナンス

車検を安く済ませるには

自動車の所有者は新車であれば3年に1度、それ以外の車であれば2年に一度車検をしなければなりません。車検は車の維持費の中で一番お金がかかる物になります。それ故、しっかりとお金を貯めておかなければなりません。車検の費用は2つに分かれており、一つが法定費用、そしてもう一つが車検費用になります。法定費用は、法律で定められた費用になります。自賠責保険・重量税・印紙代です。この法定費用の割引きはありませんが、もう一つの車検費用は割引きがあります。どこの業者で車検を受けるかで車検費用が変わってくるのです。
車検費用が安い物の中にはユーザー車検があります。ディーラーで受ける車検に比べると2万円から3万円は安くなるのが特徴です。

ユーザー車検の特徴とは

ユーザー車検とは、ユーザー自らが車検を行うことです。自分で車を各県の陸運局に持っていき、そこで点検をしてもらいます。ディーラー車検や民間整備工場の場合は、そこに持ち込むだけで後は代車を借りて家に帰り、数時間から1日後には車検が終了しています。その点においてユーザー車検は面倒ですが、ディーラーや民間整備工場に支払う車検代を支払わなくても済むので、非常に節約になります。
ユーザー車検の注意点は、陸運局が平日しか開いていないことです。そのため、土日が休みの人は、会社を休んで行かないと行けなくなるのです。
ユーザー車検に必要な物は、車検証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書、自動車検査票などになります。

© Copyright Vehicle Inspection Services. All Rights Reserved.