車検選びで悩んだら~各種車検の種類と流れ~

車検費用はトータル的に判断する

車検は、陸運局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)もしくは民間車検場と呼ばれる指定工場で受ける必要があります。どちらが車検を通り易いということはなく、陸運局も民間車検場も同じ工程を経て新しい車検証が交付されます。車検費用を高いと捉える方が多いですが、車検費用の内訳で多くを占めるのは税金、車検に係る手数料は1万円ほどです。1万円を安いと考えるか高いと考えるかは人それぞれですが、車検費用を節約するために仕事を休むと、その分の給料が安くなるので、車検は業者に依頼するのがトータル的にお得と言えます。
車検を請け負う業者はガソリンスタンド・カーディーラー・民間車検場など様々あり、ガソリンスタンドで車検を受けるとガソリンの値引きや洗車などのサービスを受けられる場合もあります。

指定工場であれば陸運局へ行く必要がありません

車検を一番お得に済ませたい方は、自ら車を陸運局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)に持ち込むことです。車を持ち込んで受ける車検のことをユーザー車検と言います。ユーザー=使用者、自ら車検を通すのですから、それまでに不調個所を整備しておかなくてはなりません。民間車検場であれば交換パーツの在庫がストックされている場合もあり即時に対応できますが、陸運局にはそのような在庫はなく、整備をした後に再度車検を受け直さなくてはなりません。
民間の車の整備工場には指定工場と認証工場の2種類があり、種類の違いはユーザーから分かるように掲示されています。指定工場であれば陸運局と同じ車検が受けられるので車を陸運局に運ぶ必要はありませんが、認証工場の場合は車を陸運局に運ぶ必要があり時間を要します。

© Copyright Vehicle Inspection Services. All Rights Reserved.