ディーラー車検のメリットとデメリット

メリットは整備の質の高さ

ディーラーで車検を受ける最大のメリットは整備の質の高さです。
ディーラーの整備士はメーカー側が求める高水準な技術・知識を持った能力の高い整備士なので、質の高い整備が期待できます。専門のトレーニングを受けたり、ディーラーにしか明かされない情報を知ることで、整備のクオリティを維持している訳です。パーツ交換が必要な場合は、当然純正のパーツを使ってくれます。
それと、ディーラーでは車検の検査箇所以外も一緒にチェックしてくれます。ディーラー以外で車検に出した場合、車検の検査箇所しかチェックされないので修理が必要な箇所に気づかない恐れもありますが、ディーラーならその心配はありません。
また、ディーラー車検を使っていると売却時に有利なる時もあるようです。

デメリットは費用の高さ

ディーラーの車検を使う最大のデメリットは車検費用の高さです。
車検自体の手数料も高めですが、パーツ交換で純正パーツを使っているのでパーツ交換の費用も高くなります。整備の質、部品の質が高いので、費用が高くなるのは仕方ないとは言え、費用の高さを理由にディーラー車検を避ける人もいるでしょうね。
また、整備の質を優先するあまり、パーツ交換や修理を勧められる場合もあります。これは勝手に交換している訳ではなく、事故を未然に防ぐ為に早めのパーツ交換を勧めているだけなんです。ドライバーの安全を守る為の配慮とも言えるのですが、人によってはデメリットに感じるでしょう。
また、他のメーカーの車への知識は多くないので、ディーラー車検を使うなら車を購入したディーラーが良いでしょう。

© Copyright Vehicle Inspection Services. All Rights Reserved.